黄斑病

・葉の被害状況 ・左の拡大図

・生態と防除

病原 糸状菌
発病品種 ミカン亜科植物に広く病原性を示す。
しかし、通常の防除をしていれば、あまり発生は見られない。
発病部位 主に葉の裏面、沖縄のタンカン果実では果実に病斑を生じる。
伝染源 罹病葉及び落葉上に形成された胞子。
伝染方法 5〜6月の新葉に、降雨の際胞子が飛散して葉の裏側にある
気孔から侵入し、広がる。
発病時期 感染後2〜4ヶ月後(8月以降)
耕種的防除 樹勢を旺盛に保つ。

有田地方防除暦へ


戻る