温州みかんの有望系統
 

有田地方の次代を背負うみかんの有望系統を紹介します。
高品質みかんを安定して生産するには、やはり有望な品種の若木の園地を作ることが大切です。


 きゅうき   詳細はコチラ@へ

  有田市宮原町で「向山温州」の苗木に混入していた「1樹変異」と思われ、県果樹試験場において、「枝変わり探索事業」により最も有望な系統と認められた品種で、平成26年2月27日に品種登録されました。

 ※現在、有田農業技術者会において、現地調査を行っています。

○特性
 ・「向山」に比べて浮皮の発生が少ない。
 ・果実品質は「向山」とほぼ同等である。また、じょうのう膜  は薄く食味が良い。
 ・中生としては隔年結果性が低く、豊産性と思われる。


 YN26   詳細はコチラAへ

 県果樹試験場において、「ゆら早生」の珠心胚実生から「ゆら早生」よりも成熟期が早く、着色・樹勢ともに良い個体を選抜し、平成24年1月20日に品種登録されました。

※現在、有田農業技術者会において、現地調査を行っています。

○特性 
 ・収穫適期:「ゆら早生」より減酸が早く、収穫期も早い。
 ・糖度:「ゆら早生」と同程度で他の極早生温州みかん     よりやや高い。


ゆら早生  

 極早生としては、糖度が高く、じょうのう膜が柔らかい。果形はやや円形でやや厚い。果皮色は濃い。樹勢はやや弱い。熟期は10月上旬〜中旬。
 (宮川早生の枝変わり)


田口早生   

 
従来の宮川早生や興津早生に比べて、甘み多く、口当たりまろやかである。果実の外観は興津早生と同じ。樹勢は強い。
 (興津早生の個体変異)

ゆら早生・田口早生の 生育調査結果はコチラBへ
 丹生温州

 在来の丹生温州のウイルスフリー。樹勢は旺盛。貯蔵向きの品種で12月下旬収穫、貯蔵して2月頃に食味・風味最高になる。

 
 

TOP