農林水産省・(財)食品流通構造改善促進機構
「食品品質表示の早わかり」より

生鮮食品は平成12年7月1日から、加工食品、玄米・精米は平成13年4月1日から、品質表示の義務づけが適用されました。

 食品の多様化、消費者の食品の品質及び安全性や健康に対する関心の高まり等に対応して、食品の表示制度を充実強化する観点から、平成11年にJAS法が改正され、一般消費者向けに販売される全ての飲食料品に、生鮮食品については原産地、加工食品については原材料等の表示が義務付けられました。

 その具体的な表示事項、表示方法等を定める加工食品品質表示基準、生鮮食品品質表示基準、遺伝子組換えに関する表示の基準、玄米及び精米品質表示基準、水産物品質表示基準は、平成12年3月31日付けで告示され、生鮮食品及び水産物に関する基準は、平成12年7月1日以降に販売されるものから、加工食品、遺伝子組換え、玄米及び精米に関する基準は、平成13年4月1日以降に製造、加工、輸入または販売されるものから適用されました。
            
農産物とは
●米穀(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの、単に切断したもの及び精麦または雑穀を混合したものを含む。)
玄米、精米

●雑穀(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの及び単に切断したものを含む。)
とうもろこし、あわ、ひえ、そば、きび、もろこし、はとむぎ、その他の雑穀

●豆類(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの及び単に切断したものを含み、未成熱のものを除く。)
大豆、小豆、いんげん、えんどう、ささげ、そら豆、緑豆、落花生、その他の豆類

●野菜(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの、単に切断したもの及び単に冷凍したものを含む。)
根菜類、葉茎菜類、果菜類、香辛野菜及びつまもの類、きのこ類、山菜類、果実的野菜、その他の野菜

●果実(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの、単に切断したもの及び単に冷凍したものを含む。)
かんきつ類、仁果類、核果類、しょう果類、殻果類、熱帯性および亜熱帯性果実、その他の果実




◆名称                       
 その内容を表す一般的な名称を記載してください。
◆原産地
 原産地については、次のように事実に即した記載をしなければなりません。
・国産品は都道府県名を記載してください。(市町村名その他一般に知られている地名を原産地として記載することができます。)
・輸入品は原産国名を記載してください。(一般に知られている地名を原産地として記載することができます。)
・複数の原産地で同じ種類の農産物を混合している場合は、全体重量に占める割合が多いものから順に記載。原産地が異なる数種類の農産物の詰め合わせはそれぞれの農産物の名称に原産地を併記してください。
◇集荷業者から最終消責者へ直接販売する小売業者までの流通過程の全ての方。
◇海外から農産物を輸入する輸入業者も表示義務があります。
※ただし、生産者が農産物を生産したその場(地域内で手渡す)で消費者に直接販売する場合又は農産物を設備を設けて飲食させる場合は表示義務はありません。






小売業者は
 小売業者は、容器もしくは包装の見やすい箇所、または商品に近接した掲示そのほか見やすい場所に表示をしてください。

流速業者は(卸、仲卸、輸入業者等)
 流通業者は、容器もしくは包装の見やすい箇所、送り状、納品書等に表示をし、次の流通段階の方に確実に情報を伝えてください。
品質表示を守らないときには・・・
JAS法策19条の9の規定に基づき、農林水産大臣は、
  ●当該販売者等に対して、表示事項を表示し、または遵守事項を遵守すべき旨を指示。
  ●その指示に従わない場合は、その旨を公表。
  ●それでも指示に従わないときは、措置をとるべきことを命令することになります。

 その命令に違反した場合は、50万円以下の罰金に処せられることになります。
  
詳細については下記アドレスをご覧下さい(農林水産省ホームページより)
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/hinnpyou-seisennsyokuryouhinn.pdf