有田みかん語べ
〜有田地方に伝わる「みかんの唄」〜
蜜 柑 山

   沖を走るは丸屋の船か、
      丸にやの字の帆が見える。

 調子の良い「みかん採り歌」がすみきった晩秋の空気をふるわして、いずこともなくのどかに聞こえて来る。今登って来た方を振り返って見ると、幾段にも築き上げられた山畑には、蜜柑の木が行儀良く並んでいる。どれを見ても、枝という枝にはもう黄金色に色づいた実が鈴なりになっている。黒いほど濃い緑の葉の間から、その一つ一つが日の色にはえてくっきりと浮出ているのが見える。
 又、少し登る。どの山を見てもどの谷を見ても蜜柑の木でないところはない。ふと見ると、ついそばの木の下では、かごを首に掛けた二、三人の男が、器用な手つきで蜜柑を採っている。さっきの歌の主であろう。あちらでもこちらでも、さえたハサミの音が「チョキン、チョキン」と聞える。
 ふもとの川を白帆が二つ三つ通って行く。あれは港の親船へ蜜柑を運んで行くのであろう。小春日和の暖さにとけて、そこからも夢のように船歌が聞こえて来る。
    【大正年間発行「尋常小学校国語読本巻十二」に掲載】
  
有田地方は、400年以上の歴史を誇るみかんの産地です。
太古の昔からこの地方に口伝えにより、
伝えられてきた歌が数々あります。今回、「有田市みかん資料館」のご協力によりここに掲載することができました
 なお、収録している唄を歌っておられますのは、木下安吉氏、川島友次郎氏、御前栄二郎氏、宮井亀楠氏の四名の方々です。
  
 「みかん採み唄」 (江島節)
  
  1.沖を走るは 丸屋の船か
         丸にやの字の帆が見える 
         
 
  2.沖の暗いのに 白帆が見える
         あれは紀の国みかん船        

  
ダウンロードしてお聞き下さい。(396KB)
ダウンロードしたファイルは自動解凍の圧縮ファイルとなっていますので、ファイルをダブルクイックして下さい。
wavファイルが解凍されますので、MediaPlayer等でお聞き下さい。
 


   
  
 
 ほしかづき唄(乾鰯搗唄)
 
 1.沖を走るわヤーレ 文左の船か
      丸に紀の字のヨ 帆が見える
 
 2.みかん船ならヤーレ いそいでおいで
      江戸で買い子がヨ 待っている
 
 3.こんど来る時やヤーレ 持って来ておくれ
      有田みかんのヨ 枝折りを
 
 4.紀州有田のヤーレ みかんでさえも
      色付きや人手にイ まるはだか
 
 5.有田みかんわヤーレ なぜ味がよい
      にしんしめ粉ヨ こえにする
 
ダウンロードしてお聞き下さい。(278KB)
ダウンロードしたファイルは自動解凍の圧縮ファイルとなっていますので、ファイルをダブルクイックして下さい。
wavファイルが解凍されますので、MediaPlayer等でお聞き下さい。
   
    
 みかん採み音頭   
 1.沖の暗いのに白帆が見える
          あれは紀の国みかん船
 2.江島唄うて向かいの山で
          みかん採るのはわしの殿
 3.今度いんだら持て来ておくれ
          みかんは紀州の有田もの
 4.有田みかんと道楽息子
          色ではだかになりまする
 5.有田よいとこみかんどこ茶どこ
          娘やりたや婿ほしや
 6.みかん船ならはよこげどんと
          沖の暗いのは雨じゃその
 7.祝い目出度の帆を巻き上げて
          入るぞお江戸の品川へ


 ダウンロードしてお聞き下さい。(443KB)
ダウンロードしたファイルは自動解凍の圧縮ファイルとなっていますので、ファイルをダブルクイックして下さい。
wavファイルが解凍されますので、MediaPlayer等でお聞き下さい。