紀州有田みかんの
       起源と発達史

 The Origin and the Development-Process of
            "Kishu Arida Mikan(Arida Mandarin)"
御前 明良   
Misaki, Akira    

 ABSTRACT
 The history of "Arida Mikan(Arida Mandarin)" includes interesting anecdotes concerning origins and development-processes.The trading of Arida Mikan brought the thriving of Arida district and the regional growth. Arida mikan has a history of several hundred years and always maintains Arida economy. The purpose of this research is to pursue the real history of Arida Mikan and to consider the contribution to Arida society.
【 “沖の暗いのに 白帆が見える
   あれは紀の国 みかん船” 石碑 】

 今に遺る俗謡で有名となった「紀伊国屋文左衛門」そして紀州有田みかん・・・。江戸時代から“みかん”といえば紀州の代名詞であり、その産地は“有田”。今、全国36府県で栽培され、私たちの生活に最も古くから親しまれている果物「みかん」。
 しかし、このみかんも私たちが生まれる遙か昔から既に存在しているため、あまりそのルーツや今までにいたる先人の苦労等は語られない。紐解けば、みかん栽培には数百年の歴史があり、みかんは偉大な先人たちの汗の結晶でもある。そして、今又健康食品として世界的にも注目されている。
 そこで今回、「日本一の蜜柑どこ 有田」を標榜する和歌山県有田地方の産業と地域特性を調査研究し、とくに特産品のみかんについて、みかんがどのようにして有田で生まれ、全国に広まったか、その歴史と発達の経緯を考察した(1)

「経済理論」292号、1999年11月、和歌山大学発行、p.97〜p.118に掲載

*:紀州有田商工会議所勤務
  和歌山大学経済学部非常勤講師

目次へ